超個人的映画評価ぶろぐ
世間の評価は関係なし!自分の感じたように語るぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも夜は明ける



タイトル それでも夜は明ける
ジャンル ヒューマンドラマ
監督 スティーヴ・マックイーン
キャスト キウェテル・イジョフォー マイケル・ファスベンダー ブラッド・ピット
個人評価 78

1841年、ニューヨーク州サラトガにソロモン・ノーサップ(イジョフォー)という妻と子供と過ごす自由な黒人がいた。彼はヴァイオリン奏者として生計を立てていた。ある日、彼は二人組の男たち(スクート・マクネイリーとタラン・キルラム)から金儲けができる周遊公演に参加しないかと誘いを受ける。
二人組の男たちとの夜が明けた後、ノーサップは薬漬けにされ意識もうろうとしながら、南部地方にある綿農園へ輸送されていることに気づいた。彼は奴隷として、奴隷オーナーのウィリアム・フォード(ベネディクト・カンバーバッチ)から購入されて、偶然にも奴隷を虐待する農園の支配人のエドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)のもとへ売られた。ノーサップは解放されるまでの12年間を南部の奴隷として生きる。


実話なだけに終始重い内容で展開。
理不尽に奴隷にされ重労働とか実際にはもっといっぱいあったのかなと思うと
アメリカも日本の慰安婦問題と同様に闇を抱えてる時代もあったんだなぁと思う。
最後にブラッドピットが出てきて主人公は救われたが
他の奴隷のこの後が気になってちょっと消化不良な内容でした( ´△`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しんみなさん

Author:しんみなさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

きっと見つかるAmazon

買いたいときが買い時♪

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
2474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
223位
アクセスランキングを見る>>

映画好き訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。