超個人的映画評価ぶろぐ
世間の評価は関係なし!自分の感じたように語るぶろぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォー・ルームス



タイトル フォー・ルームス
ジャンル コメディ(ブラックw)
監督 クェンティン・タランティーノ アリソン・アンダース
アレクサンダー・ロックウェル ロバート・ロドリゲス
キャスト ティム・ロス マドンナ ジェニファー・ビールス
アントニオ・バンデラス ブルース・ウィリス
個人評価 85

『フォー・ルームス』(Four Rooms)は1995年のアメリカ映画で、オムニバス作品。大晦日、ロサンゼルスのとあるホテルを舞台に、4つの物語が繰り広げられる。映画全体を通して登場する主人公のベルボーイはティム・ロスが演じた。クエンティン・タランティーノが3人の監督に声を掛けて作られた。

最近謝罪の王様を見てなんとなく見直したくなり借りてみた。
よく考えると制作が20年も前、久々に見ても面白い。
昔は後半の指切りや死体が出てくるところに目がいっていたが
前半の魔女の話も面白く今になって新たな感動があった♪

何より驚いたのがテッド。
声優が田代まさし!意外だったw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

しんみなさん

Author:しんみなさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

きっと見つかるAmazon

買いたいときが買い時♪

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
2474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
223位
アクセスランキングを見る>>

映画好き訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。